×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ギャンブル 依存

Image Replacement

自分自身がギャンブル依存症だということを認めたくないでしょう。

私自身もそうでしたから。

「いつでもやめられる・・・」本当でしょうか?

■サラリーマン年収を3倍にする方法と情報の差別化
様々な副業ジャンルの情報商材を研究し、わかりやすくランキング形式でレビューしているサイトです。
http://growrich-sss.com/
■『依存』から『自立』への提案
即決営業マンが営業の心構えを伝授。さらに、サラリーマンであることへの依存の危険性についても書いています。
http://ameblo.jp/popular-salesman/
■やめられない ギャンブル地獄からの生還
ギャンブル依存症の恐怖について書いてあります。あなたが、もしくはご家族の方でギャンブルに夢中になっている方がいるのであれば一度は読んでほしい本です。
■ブロぞう無料レポート

このサイトに目を通しているということは、きっとあなた

はギャンブルをされているのではないでしょうか?


もしくは、あなたのご家族の方でギャンブルに夢中に

なっている方がいるのでしょうか?


私の経験ですが、過去17年間パチンコや競馬にのめり

込み総額で1,500万円は負けています。

一年間に100万円くらい負けている計算です。


パチンコは詳しくどれくらい負けていたがは定かでは

ありませんが、競馬はネットでやっていたのでどれくらい

負けていたかはわかります。


最後の2010年はJRAだけで130万円は負けま

した。そのほか、地方競馬で40万円、パチンコで年間

40万円は負けたのでしょうか。


2010年、もっともギャンブル沼にはまった年でした。


そんな自分だから言います。

「今日負けたら、明日からやめる」は絶対ありません。


必ず、また行きます。そして、勝ったり負けたりを

繰り返します。そして、負け続けるとまた同じことを

言います。


「明日からやめる」と。


あなたもそういう経験をしているのではないでしょうか?

やめる理由が違うのです。


そう、ちょっとの決断では絶対にやめられないのです。

それが、ギャンブル依存症なのです。


これ以上続けたら破滅します。


私もギャンブル依存症でしたので寝ても覚めてもギャンブル

のことで頭がいっぱいなのです。


平日は目が覚めないのに、土日になると朝早くパッと目が

覚め、パチンコ屋に並ぶ生活。


しかも、片手に競馬新聞を持ちながら。。。

今思えば本当に重度の依存症だったと思います。


ギャンブル依存症は完全に脳が支配されているのです。

脳内物質のなかにエンドルフィン類があり、これはモルヒネと

同じような働きをする物質で、「脳内麻薬様物質」とも呼ばれ

ています。


このことが原因でやめるということが簡単ではないことが

わかっていただけたのではないでしょうか?


ギャンブル依存症の方はこういう錯覚に陥っています。

・自分は勝てるという錯覚

・自分は上手いんだという錯覚

・ギャンブルでお金を増やせるという錯覚

・失ったお金を取り戻せるという錯覚


心当たりはないでしょうか?


私の身の回りでもギャンブルの借金がきっかけで自ら命を

絶った方は何人かいます。


また、借金を踏み倒した挙句にまた人から借金をし

ギャンブルを続けている人間がいます。


これ以上続けるということはスローモーションの自殺と同じです。

あなたがやめられることを心から願い祈ります。

あなたの心に平安が訪れますようにと。


私がギャンブルをやめるきっかけになったサイトを紹介します。

ギャンブル依存症克服への道


ギャンブルをやめたいなら認めること


私は、ギャンブルがやめられない意志の弱い人間だといつも

思いこんでいました。


そして、もうやめる!と誓ってから、ありとあらゆるサイトを

訪問しましたがやっと本物のサイトを見つけることができました。


それが先ほどお伝えしたサイトです。

一度ご覧になってみてくださいね

ギャンブル依存症克服への道


私は、ギャンブル依存症という病気なのだと認めることから

スタートしました。

すごく気持ちが楽になったことを覚えています。


意志が弱い自分というものと戦っていたからです。

ギャンブルをやめるにはギャンブル依存症だと「認めること」です。


精神的な重い病気なのだととらえることで、治療に意識がいきます。

依存症ですが、必ず改善される病気です。


このようなとらえ方をしないとギャンブルはやめられないと思います。

依存度は人それぞれかと思いますが、私は重度の依存症でした。


こうしたら克服できる

私は先ほどもお伝えしたように、タカビーさんのサイトと出会い

依存症であることを認めました。


しかし、これだけではもちろんやめることはできません。

私には、ギャンブルにとって代わる、もっと夢中になれるものがあれば

やめられると思いました。


それから、ネットビジネスを始めよう!とかブログを始めてみようとか

今まで全く分からなかったわかろうとしなかった世界に飛び込んでいきました。


ギャンブルを全くしたいという気持ちがなくなりました。

だってギャンブルより楽しくて、ギャンブルより充実感があるから。


ギャンブルのやめ方は、人それぞれの方法があるけど、私の場合は、

・タカビーさんのサイトとの出会い

・依存症であることを認めること

・ギャンブル以外に熱くなれ自己成長ができるものを見つけること


これが、私からギャンブルを解放した克服法です。

ここまで目を通していただきありがとうございます。


■サラリーマン年収を3倍にする方法と情報の差別化

様々な副業ジャンルの情報商材を研究し、わかりやすくランキング形式でレビューしているサイトです。

http://growrich-sss.com/
■『依存』から『自立』への提案

即決営業マンが営業の心構えを伝授。さらに、サラリーマンであることへの依存の危険性についても書いています。


http://ameblo.jp/popular-salesman/
■やめられない ギャンブル地獄からの生還

ギャンブル依存症の恐怖について書いてあります。あなたが、もしくはご家族の方でギャンブルに夢中になっている方がいるのであれば一度は読んでほしい本です。